top of page

プロフィール / PROFILE

鎌田 邦裕(かまた くにひろ)
KAMATA Kunihiro

 

1993年山形県鶴岡市生まれ。京都市立芸術大学音楽学部を卒業し、同大学大学院音楽研究科を修了。

 

第91回日本音楽コンクール フルート部門 第2位及び岩谷賞(聴衆賞)、イギリスで開催された第1回リバプール国際フルートコンクール第1位、スロバキアで開催されたブラチスラバ舞台芸術アカデミー国際フルートコンクール 第3位など多数受賞。また、京都市より「京都市文化芸術きらめき賞」を受賞。

 

ソリストとしては、2014年より山形にて毎年リサイタルを開催。2021年より京都・東京・鶴岡の3都市にてリサイタルツアーを開催。2023年3月には山形県での開催10回記念公演を行った。2023年9月に在スロバキア日本国大使館の協力により首都・ブラチスラバでコンサートを開催。これまでに、松尾葉子指揮・セントラル愛知交響楽団、Konstantin Ilievsky指揮・スロバキア放送交響楽団と共演している。

 

Rhythm Station(エフエム山形)やYBC山形放送ラジオなどへの出演、フルート専門誌『THE FLUTE』にはリサイタルのレビューが掲載されるなど、メディアでもその活動は注目されている。演奏会では一流の音楽はもとより、分かりやすい解説と軽快なトークによって、初めてでも楽しめるクラシック音楽を届けている。

 

これまでにフルートを佐藤裕里、故・足達祥治、大平記子、大嶋義実、富久田治彦、藤井香織、中川佳子の各氏に、室内楽を安藤史子、大嶋義実、上田希の各氏に師事。

 

現在は京都、鶴岡、東京を拠点に、オーケストラへの客演や、ソロ・室内楽の演奏、後進の指導に力を注いでいる。さらに鶴岡市より「鶴岡ふるさと観光大使」を委嘱され、故郷の魅力を発信している。京都フィルハーモニー室内合奏団 契約団員。

With his lustrous and rich tones along with his deep musicality, Kunihiro KAMATA is now one of Japan’s most highly regarded flutists.

 

Kunihiro took the third prize in the 17th Sendai Flute Competition in Japan. Kunihiro was also awarded the second prize and the Iwatani Award (Audience Award) in the 91st Music Competition of Japan, the first prize in the​ first Liverpool International Flute Competition 2023, the third prize in International Flute Competition at the Academy of Performing Arts in Bratislava, Slovakia.

 

A graduate of the Kyoto City University of Arts, Kyoto, Japan, Kunihiro has studied extensively with Yuri Sato, Shoji Adachi, Noriko Odaira, Yoshimi Oshima, Haruhiko Fukuda, Kaori Fujii and Yoshiko Nakagawa. 

bottom of page